1116

こんにちは!星です^^

いつも作業お疲れ様です!

お久しぶりの更新です><

 

実は年末に向けて忙しくなったのと、

ありがたいことに依頼が重なり、てんやわんやしております。

影分身使いたいくらいです(わかる人いるかな)。

忙しいことはいいことなので、感謝しつつ今日もお仕事頑張ります^^

 

さて、本日は画像形式についてお話しますね!

「画像形式・・?なにそれおいしいの?(´・ω・`)」

↑これは若かりし頃の私が思った事です。

パソコンを使い始めて、趣味のホームページを作る時に

「画像形式ってあるんだ」って驚いてから早〇年・・・私もいい大人になりました。

 

まずは私が画像形式を知っていった経緯を振り返ります。

あなたもあてはまる部分があるはず^^♪

 

パソコンに写真を入れた時に「20161116.jpg」といった感じで保存された時に、

JPGという形式をしりました。が、それしかないと思ってました(笑



趣味のイラストサイト巡りでバナーの違和感に気付く。

背景が透明化されていたり、点滅などの動きがある画像を発見。

GIFでそれが可能だと気づく



サイト作りをガチで始めるがGIFの色素数の限界にイライラ。

WEB関連の仕事をするようになってからPNGという形式が問題を解消してくれた。



編集ソフトを使う機会が増えた。PSD、EPSなどの独自ソフトの形式があることに気付く

 

・・・・

とまぁ、こんな感じで私は時間がかかったのですが、

今は、昔ほど違和感なくGIFやPNGなどの画像形式が存在するようになりました。

パソコンを使って色々なことができるようになったおかげですね^^

 

では、それぞれの形式はどんな事に適しているのか、全部説明ができますか?

はい!どーぞ!

 

・・・・(∩´∀`)∩正解!(ぇ

 

一つずつ説明しますね!

JPG

写真など色素が細かくてあいまいなものに最適な保存形式で、画素数は一番多いです。

背景が細かく入ったイラストも印刷するのであれば、この形式が一番いいですね。

ただし、透明化に対応していないので間違って透明なものをJPGで保存すると背景が白くなります。

編集後は絶対気を付けてくださいね^^

GIF

ドット絵やシンプルなアニメーションでよく使われる形式。

使える色素数が他よりもかなり少ないです。が、その分データ量は軽かったりします。

シンプルな色のバナーや点滅などの簡単なアニメーションを付けたい場合に最適です。

PNG

色素数がJPGほどではないですがかなり多く、背景透明化できる形式です。

ある意味、JPGとGIFを足して二で割った感じですかね。

ただし、アニメーションはできません。

最近のWEB素材このPNG形式も多くなってきました。

データ量は結構重いのが難点です。

PSD、EPS等

フォトショやイラストレータなどの編集用ソフトで保存するときの形式。

編集中のレイヤーの保存が可能なので、

編集をいつでもやめたり再会したりをすることができます。

完成した後にJPGやPNGなどの形式に変えることができます。

 

画像形式もそれぞれ目的があって作られた形式です。

画像を使う際は、用途に合わせて画像形式を選ぶようにしましょう。

 

ちなみに、画像編集ソフトはすごく重いので、固まったら絶望します。

小まめな保存をオススメしますよ。

いいですね、こまめな保存をオススメします!

・・・え?過去に何回もやらかしたなんて言ってませんよ!?

( ノД`)シクシク…言ってないですもん。。。

 

というわけで今日はここまでです!

最後までお読みくださりありがとうございました!

 

P.S

新しいサイトがオープンしました^^

その名も

WowMe!

私も出品してまーす♪^^年始に新しいサービスをここでもやる予定です。

アバターが必要になったときや得意を商品にしたくなった時にご活用くださいね^^