bsAMI88_kangaerumorigirl

こんにちは!星です^^

今日はアバターについて改めて考えてみましょう。

アバターって、使い方は様々ですよね。

SNSに登録してゲームに参加するため、

アバターを着飾り楽しむため、

ブログでプロフィール画像として使うためと、

人によって目的は様々です。

要は、

ネット上で自由に動き回って活動するための

あなたの分身。

 

副業をしている人の中で、

事情があって顔をだせない人は、

このアバターを活用していますよね。

私もそうです(^^*

ちょっと人見知りで見た目にコンプレックスがあります。

 

ところで、

 

オリジナルのアバターにした人は、

どうやってアバターをイメージするのか気になりませんか?

 

写真だけ送るのか、文章だけ送るのかなど

「オリジナル化を考えているけれど、

その辺が自分にできるのか不安」

というお客様もいらっしゃいました。

 

そこで、いくつかの依頼を受けていく中で、

絵心に自信がなくても、アバターイメージを

絵描きに伝えやすい方法をお伝えしたいと思います。

 

それは、

 

あなたの中で次の3つの中から方針を決める事です。

 

1.自分の写真をそのままイラスト化

あなた自身が感じる自分の顔の特徴を箇条書にして、

写真または無料アバターで作成した似顔絵を添付する方法。

鏡を見て自分の顔をじっくり観察。

タレ目かツリ目かのチェックはもちろん、

普段家族や友人にどんな雰囲気なのかを聞いてみます。

そうすることで、絵描きにもあなたの事を知ってもらえやすいです。

 

2.自分似の有名人を参考にしてもらう

自分に似ている有名人の画像を探し、

似ている個所と有名人と違う箇所を文章にして、

どんな風にしたいのか理想を書いてみます。

自分がこうだったらなぁとアレンジできるのもイラストの強み。

ただし、法律上そっくりにはできないのでご注意くださいね^^

 

3.全くの別人を作る

「本当はこんな顔になりたかった!」

「気持ちはまだまだ若い!」など、

自分のもつコンプレックスをなくしたキャラを考えていく。

無料のアバターシミュレーターで作ってみると

浮かびやすいですし、絵描きにも伝わりやすいです。

 

方針を決めたら、画像の準備。

容姿について決めたら、

髪型や服装など参考にして欲しい画像を準備していきます。

 

方針を決めるだけでアバターイメージをしやすくなります。

ぼやっとしていたままでもいいんです。

あなたの「こうしたい」を絵にするのが絵描きですから^^

一度考えて、カタチにしてもらって

また考えてを繰り返して良いイラストができていくのだと思います。

 

お好みの絵描きさんを見つけて、いざ依頼をされるときに、

この記事がお役にたてると嬉しいです^^

 

容姿が決まったら、次はポーズです!

このお話はまた次回^^

それでは~♪^^

 

P.S

この間カミングアウトした顎関節症のことですが、

検査と今後の治療の方針を決めるため、大学病院まで行ってきました。

原因は、

歯ぎしりと無意識に歯に力を入れている事でした。

日中は意識して歯に力を入れないようにし、

寝るときはマウスピースで様子を見ていく事となりました^^;

治るといいなぁ。

あなたももしかしたら、

知らないうちにやっているかもしれません^^;

少し振り返ってみてくださいね。

顎関節症は辛いですよー。