こんにちは!星です^^

前回はこちらの都合上、

自画像を例にラフ制作についてお話しました。

コチラですね。

05241

今日は、この画像を思い出していただきながら、

4の工程のご説明をさせていただきます^^
1.希望を聞く

↓ ☆打ち合わせ

2.想像(瞑想する)



3.ラフ制作

↓ ※提出・修正確認


4.清書・色塗り

↓ ※再提出・修正完了後最終処理

5.完成

清書・色塗りですね。

 

【アバターイラストができるまで3】でお話しましたが、

ラフ画での打ち合わせで、

ほぼ清書となりますが、ふたたびレイヤーをしき、

一から描きなおします。

線の強弱の調整をしています^^

手間ではありますが、個人的にこだわりたいのです♪

 

綺麗に清書したものが、コチラです

05243

はっきりした線になりました。

この清書で色塗りをしていきます。

髪、肌、服(上着など)細かくレイヤーで分けて

重ねています。

最初ははみ出しを気にせず塗り、

全体の色のバランスを見ます。

(※色塗り直前に口を開けたものに変更しました。)

05244

その後、影や光を加えてはみ出た色を綺麗に消していきます。

消していったものがコチラです。

05245

塗り忘れがないかを確認して、

お客様に提出し、修正をいただきます。

例えば、

女性の方は、肌の色や服の濃淡など

男性の方は、スーツやネクタイの色など

迷われる方が多いですね^^

もちろん、お客様好みの色に変えさせていただいてます。

 

スーツやネクタイで迷われた方には、

ネクタイの画像をいくつかあげ、お好みのものを選んでいただきます。

軽くお洋服屋さん状態です(^^*

 

色みによっては印象も違うので、

このときの打ち合わせも楽しんでいただいてます。

お互いに納得できたら、最後の作業を行わせていただいてます。

 

その作業はまた次回にお話させていただきますね^^

 

長文にお付き合いくださりありがとうございました!

失礼いたします。